追われる背中、約束とエール


最初のうちは本人から、誰にも言わないでと言われてましたが、もう既に周知になってしまったようなので。


mhf_20170721_235431_389.jpg

まずは、この写真のヨルハ装備のお方、ニルさんのお話です。

1年近く桜さるぼぼ猟団で活動されてたのですが、以前から自分自身の猟団を創りたいという夢を持っておられまして、このたび決意が固まったため、つい先日退団されました。


少し思い出話をすると、まずきっかけはというと、私もまだ猟団作り立て、ようやく軌道に乗り始めたころ、昔のフレンドリストを見た時に、ニルさんの名前がオンラインになってたんですね。

ずいぶんと長くFから離れてた時期もあり、もう2年半くらい前の話で、覚えてないだろうなぁと思いながら恐る恐る、声をかけに行ったのですが、半分は昔と変わらない感じのチャットと、もう半分は人見知り感のあるそっけなさだったのをなんとなく覚えています。

いろいろ話をして、当時ニルさんが入っていた猟団がどうにもブラックで合っていなくて、入魂ノルマを強要するような、なんかアレな団だったわけです。
そこで、あなたがよければ、うちの猟団にきて一緒に遊びませんか?みたいなことを声かけたような気がします。
実際入団するまでの間もいろいろありましたが、無事うちの団に入団して頂きました。

その後の活躍はと言うと皆の知っての通りです。
まだ入団したての頃は持ち前の人見知りで入りづらそうな雰囲気もあったんですが、徐々に打ち解けていってくれて、次第には謎の誤字連発したりよくわからんことを羅列したり、、。
このブログをよく読んでくれる読者様から、ファンです!ぜひ会いたいです!と言われたこともあります。(マジです

団にいたころから、常に桜さるぼぼをよくしようと考えてくれて、私によくこんなことしてみてはどうですか?と提案してきてくれたり、印象以上に積極的な方でした。
猟団長をしていると、このように直接、意見をどしっと言ってくれる方は本当にありがたく、ニルさんが提案してくれたことをそのまんま、団活動に活かしていた時期もありました。


そのニルさんが、新しい猟団を立ち上げました。

AlbaKixu-NicLe

いつも見ていたあの背中。

猟団長を始めた一気は、とてもやりがいを感じながら楽しめるものですが、必ずどこかで、悩みが出てくることがあるはずです。
ただ、どんなときでも、自らを支えてくれる猟団員が傍にいる、自分よがりにならないことを忘れずに、新しい一歩を踏み出してください。
必ず、猟団員さんにとって、楽しい、居心地がよいと思える猟団に、ニルさんならできると思います。


ウルa

そして同じくして退団されました、お馴染みの変態紳士ウサギ、ウルさん

最初私が紹介されて、お会いしようとしたときにメンバー検索で探すわけですが、その時のコメント欄に、「変態紳士復活!茶の速度低下...」と書いてあって、衝撃を受けた記憶があります。

入団当初からどんどんいろんな方と絡んでおられて、ある意味うちの団のムードメーカーになってました。

とはいえ、その間にもウルさんは1度、うちの団を抜けたことがあります。そしてしばらくしてからもう一度出戻りという形で入団し、いろいろ思いを転々とさせながら、今回2度目の退団というところに至っていると思います。

ウルさんは、ニルさんと一緒のタイミングで団を抜け、ニルさんと一緒に、猟団を創設し、どうやら副団長になっておられるみたいです。
団長は必ず、どこかのタイミングで挫けることがあり、時には暴走しかけることがあります。きっとウルさんは、それに気が付いて時に声をかけてくれる、優しい相談役になれる方だと思います。桜さるぼぼで過ごしている頃から、ウルさんの心遣いは横で何度も見てきました。ここでは名前を出しませんが、もう2人の創設メンバーと共に、ニルさんを支えてあげてください。


2人なら、猟団員にとって最高の猟団を作り上げ、いつか私たち桜さるぼぼ団の前に戻ってくることと思います。
その時が来たら、必ず一緒に交流会をやりましょう。

私たちはいつまでも、チック3でお待ちしています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント