猟団の選択


xcherry-blossom_00011_jpg_pagespeed_ic_Z4nhz-VAO3.jpg


今日は初心者復帰者向けに、猟団の選択について、私なりに感じることを書いてみようかな、と思いました。


というのも、猟団を選んで入ってはみるものの、馴染めずに一人で彷徨ってしまうハンターさんが、増えてきているんじゃないかと感じるからです。

MHFを楽しんでいく上での土台となるのが、猟団であることには間違いありません。
だからこそ、その猟団の選択で、間違えることのないように、私自身が猟団長としての経験を踏まえて書いてみようと思います。


1.自分にとって良い猟団像を思い浮かべる

まず、第一に、自分がどんな団に入ってみたいか、根幹であり大事ですよね。

・いろんなハンターさんと交流をしたい
・最前線の中に潜り込んで頑張りたい
・チャットメインで遊びたい
・狩人祭頑張りたい


などなど、個々人によってその描く像は全く違うと思います。

しっかり、自分はMHFでどんなことをしたいのか、まずそれをハッキリさせておかないと、9割方、団選びに失敗すると思います。


2.自分にとって理想の団の条件を把握する

自分がこんな団に入りたい、一つ思いを決めたら、次は団の条件です。

〇小規模/中規模/大規模

・小規模(アクティブ3人~10人程度)
団ホームに固まって、個々のチームワークを結成しているところ、若しくは新しく創設して出来立てほやほやという団が多いです。野良にはみ出るより、団内の交流が多いと思います。
団が目指す目標、特徴が色濃く出ますので、馴染めれば長く遊んでいけると思います。
団規模のイベント(歌姫狩衛戦など)で若干苦労する可能性があります。

・中規模(アクティブ10人~20人程度)
当団「桜さるぼぼ」はここにあたると思います。
人を減らしすぎず、増やしすぎずということもあり、団員同士の交流を大事にしているところが多いです。
団員さん、もしくは団長がしっかりしていることが多いので、右も左もわからぬ初心者さんは、まずこの規模の猟団を探すことを個人的にはオススメします。

・大規模(アクティブ20人以上)
とにかく人が多いので、挨拶がルールになっている団だったりすると、緑チャットが挨拶で埋まるということも。
団としてのまとまりがあるかは、団長の腕次第。
団交流を謳いながら全くそんなこともなく、バラバラに野良に出て遊んでるような団もあれば、しっかりとまとまりのとれている団もあります。しっかりと事前に情報を確認することが大事です。
大規模故、祭りでノルマが設定されてることが非常に多いです。また、祭りだけでなく、団規模のイベントはほぼほぼ卒なくこなすことができると思いますので、イベントを頑張ってみたいという方にはよさそうです。


〇プレイ時間帯 朝方/夜方/休日など

団員さんが全くいない時間帯に入っても仕方がないので(野良団なら別)、しっかりと確認しておきましょう。


〇猟団ランク

そこまで気にせずとも、新しい団でなければどこでも猟団部屋には入れると思います。
どうしてもこういう団の機能を使いたい、というのがなければ、基本的には気にせずともよいかと思います。


〇狩人祭の入魂ノルマ 0/1000/5000など

猟団ごとに様々です。が、基本的には、ノルマなんてものは団が頭割りのために揉めないための建前だと思っておいてください。

大事なのは、猟団の平均入魂数です。ノルマは低くても、実際は結構ガチで入魂してるところなんてたくさんあります。
どれだけノルマでは楽な団と偽っても、平均入魂数は隠せません。
狩人祭の入魂に関して気になる場合は、必ず入団前に、平均の入魂数を団長に聞いておくことをオススメします。


〇大討伐の活動状況 

要するに、大討伐(G級ラヴィエンテ)を行っているかどうかです。
まず、初心者として猟団を探すならば、大討伐を行っていないような団を探すべきだと思います。
大討伐に行っている団は、基本的に団員の装備もそれ相応のものであり、間違いなく初心者の装備とはかけ離れているはずです。初心者が入れば初心者を支援するといっても、装備の差で合わないことのほうが多々あり、無理に入ったとしても馴染めないことの方が実際多いかと思います。


3.実際に団を選ぼう

さて、団を選ぶわけですが、どのように選ぼうかと。

最近のいろんな団長の勧誘手口は、大きく分けて次の5つかなと思います。

・公式の猟団掲示板
・ワールドチャットによる呼びかけ
・入門区での飛び込み営業
・猟団受付から勧誘メール
・猟団、もしくは個人ブログによる掲載
←桜さるぼぼ団はこれ

どれが正解とかはないので、どのやり方も否定はしませんが、おそらく一番団の情報を得やすいのは、公式の猟団掲示板だと思います。まだ団員が少ない頃は、桜さるぼぼ団も、この公式の掲示板を利用して募集していました。

団の情報、はたまた雰囲気など、しっかりと記載している団が多いですし、その分しっかりした団が多い印象です。
団を選ぶ権利はもちろんこちらにありますので、自分の意思とマッチするか、しっかりと吟味して選びましょう


4.団を選んだら、団長にアポを取ろう

入団してみたい団が決まれば団長、もしくは副団長にアポを取るわけですね。

アポの取り方は、指定がなければショートメールがよいと思います。
個人チャットでは、離席している場合もあったりして、反応できないor気づかないなんてことも結構起こります。

ショートメールも、相手方に失礼のないように、
件名:入団を希望します
「昨日、当団の募集要項を拝見しました。入団の方を前向きに考えておりますので、一度お話を伺いたいと思います。お返事のほどよろしくお願い致します。」


ある程度の誠意を込めて送信しましょう。お互い人間ですから、第一印象大事です

間違っても
件名なし
「団に入団したいんのですがよいですか?」


みたいな相手方を舐めたようなメールを送信しないように(信じられんかもしれんが、実際私も何度かあったんですよw)
しっかりした団長さんなら、その時点でまともに挨拶もできない人と思って、まず相手にしませんからね。

それともう一つNG行動として、アポも取らずに無言の加入申請なんてもってのほかです。(無言申請OKの団もあるので一概に全てそうであると言えるわけではありませんが)
優しい団長なら一応話は聞きに行ってくれるかもしれませんが、誰でもいきなり知らない人が門を叩いてきたら、当然警戒しますよね。


5.団長、もしくは副団長との面談

入団する前に、すべての疑問をぶつけましょう。

団の掲示板だけではわからなかった情報を、聞き出すチャンスです。

そのうえで、団長の人柄も見ることができるので、大体どういう団なのか、そこでなんとなく掴むことができると思います。

それと、団のホームに直接自ら伺って、面談を受けるとよいかと思います。(たいていの団はホームがありますので)
ホームに集まっている団員も知ることができますし、雰囲気の良い団なら、団長と面談している最中に、そこの団員さんが寄ってくることもあります。
ホームの雰囲気を知ることも、団選びの一つの材料になるかと思います



ということで、自分に合った猟団に入れれば、MHFは必ず続けていけるゲームだと思います。
自分にとって楽しい猟団に入り、楽しいMHFライフを送れることを願ってます。


それでは//
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これは本当に重要な事ですね!
団入団に関しては、本当に自分に合う団に入らないと今後が楽しめません。
でもそれが中々見つからないから苦労しますが(今は見つかって幸せ)

私もMHFデビューした当時、全チャで募集していた団に参加したら、女性者のみ優遇(女性者Skype強制)な団だった経験があります。

なので裏声で女性も名乗ったら、見事強制退団させられましたね。女子力がミリ単位で足りなかったのが敗因だろう……

No title

猟団選びが非常に重要というのは全く完全に同意します。
面白おかしいメゼポルタ生活を送るにはとても大切な事ですね。
私は過去に一度それで失敗しているので、
「勧誘メールの文面で一番良さそうな所にする」
という手を取った記憶がありますね。

初めてコメントさせて頂きます

この記事に全団長が泣いたはずです
私も同じような事を常日頃思っておりましたが
ここまでまとめる事など出来るはずもなく…
とても素晴らしい記事に感服致しました是非
この記事を読んでから団を探して頂きたいものです

それと…私事で団員さんに少々ご迷惑をお掛けしたと思っております

申し訳ありませんでした

Re: タイトルなし

>秘伝開眼奥義マスターさん

このゲームは運営のさじ加減もありますが、自分の中で楽しめる団に入らないとどうしても途中で投げ出してしまったりしてしまうと思います。
かといって、なかなかそういう段に巡り合えるかというと、難しいのが現状だと思います。

女子力・・・赤いパンツの人に養ってもらいましょう。

Re: No title

>超ななしーさん

私も含めて多くの人が、団選びの失敗を経験していると思います。
どうしても自分に合う団は、見つかりそうで見つからないのが現状です。楽しい団を見つけるというのは、新規さん定着の上でもとても大事だと思ってます。

勧誘メールは私も何度か試したことあるんですが、実際は無視されることのほうが多いんですよねw勧誘メール100文字ですべてを伝えられるはずもないので、なかなか難しかった覚えがあります。



Re: タイトルなし

>ルナフレアさん

初めまして。LAのブログ、ひっそりと読んでおります。

そうですね、初心者復帰者に対しての猟団選択ということで書いてはいるんですが、各々の団長さんに対するメッセージのようなものも含めてこの記事は書いてみました。
どこの団長さんも、団活に頭を悩ませていることは実際多いと思いますし、勧誘や新人さんとの面談を何度もやってきて、お互いの目線で団選びのことをまとめてみると良さそうだなと思い立った次第です。

お互い猟団活動で頭を悩ませることは今後も出てくると思いますが、初心を忘れずにこれからも長く楽しんでいければよいですね。

団員さんのほうは、今はもう吹っ切れてますので大丈夫です。こちらこそ、ご心配をおかけして申し訳ありません。