自分用天廊番人攻略メモ

mhf_20170329_233508_556.jpg

mhf_20170329_225316_705.jpg


本日はエラー落ちの総本山、天廊のお話を。


その中でも、天廊の番人っていうド強いモンスターに、尻込みせずいろんな人が挑戦してほしいなぁと思って、とりあえず自分用メモとして、書いていこうと思います。


さてこの天廊の番人さん、初めて大きな扉の奥に行ったときは、わずか1分足らずで殺され、トラウマを見ることになるかと思います。私も最初はさっぱりわけもわからず、死にまくって時間だけをすり減らしてました。


ただ、天廊の番人さんは、どこぞの極みモンスターとは違ってどの武器でいっても、しっかりスキル、立ち回りを考えることで討伐することができ、PTで逝って勝つことができれば、それだけ大きな感動を得られるモンスターです。





◎天廊の番人を倒すための装備、スキルなど

○ほぼ必須

・剛撃、一閃

これは当たり前っちゃ当たり前。
剛5閃3までとは言いませんが、できれば剛撃一閃合わせて7以上(剛4閃3、剛5閃2)あればよいかと思います。

・秘伝スキル

なくても勝てないことはないですが、秘伝スキルがあるかないかで火力の差が大きく違ってきます。
秘伝剛3閃3以上を目指して装備を組むと良いと思います。

・回避性能

番人さんはほぼ、フレーム回避ゲーです。なくても避けれないなんてことはないですが、非常にシビアな戦いになるかと思います。
番人さんは武器をしまってダイブ回避することも多いので、個人的には抜納術がおすすめです。

・火事場力

ブチギレか紅焔の威光+2を発動させて、火事場を発動できるようにしておきましょう。
番人を募集するPTは火事場募集が本当に多いですし、2区あたりになれば即死しちゃう攻撃も多いので、火事場使ってグンと火力を伸ばすことが多いです。


○オヌヌメ火力スキル

・巧撃

フレーム回避ゲーなので、巧撃を回収できるタイミングがいっぱいあります。
ほぼ巧撃を維持しながら戦えるので間違いなくあったほうが良いかと思います。

・纏雷

フレーム回避ゲーなので(3回目)、纏雷ゲージも溜まりやすいです。
発動してしまえば肉質+5がとっても強力ですよ。

・闘覇

抜納術+タワースキルのスタミナをレベル2まで上げておいた時(←大事)に、非常に使い勝手がよくなります。
猛進もいいんですが、どうしても番人戦は武器をしまうことが多くて、猛進が切れてしまうことが結構あるんです。
闘覇はどうしてもスタミナ管理が必要になってきますし、敬遠されがちですが、火力1.2倍はとんでもなく魅力的なので、タワースキルのスタミナを習得して使えるようにすると火力が見違えるように伸びますのでお試しいただければと思います。


MHSX2Gで、
剛撃
一閃
秘伝スキル
抜納術
炎籠
巧撃
纏雷
闘覇


と入れて、あとは武器ごとに必要なスキル(剣士ならここに剣神+2、ガンナーなら剛弾など)を入れていけばうまく組めると思います。
豪放は秘伝スキルがあれば全く必要ありません。



◎タワースキル

○必須

・攻撃力レベル5 TSP12

・脅威への奮闘レベル5 TSP22


実際この2つがしっかりレベル5に達してないと特にソロ討伐なんかは非常に時間が厳しいと思います。
単純に火力に直結するので、まず最優先で上げるべきスキルでしょう。

○闘覇使う場合必須

・スタミナレベル2 TSP10

抜納闘覇構成の装備を使う時は、間違いなくあったほうが良いと思います。
それとたぶん、このスキルがあればたぶん競争薬は要らなくなります。


○オヌヌメタワースキル

・薬剤師レベル3 TSP9

気付け玉の所持数が6個になります。
PTで行くとどれだけ上手い人でも事故死したりするので、持てる分量は多い方がいいですよね。
ソロなら全く必要ないですがw

○そのほか

・耐壊毒レベル1 TSP2

火事場でやるなら要りませんw
体力ご飯で根性で耐えた時にすぐ毒で死なない程度にするためのスキルです。
優先度は個人的にかなり低いです。



その他技巧術レベル2(TSP4)、破壊王レベル3(TSP9)など、上るためのスキルもきっと入れていくことになると思いますので、実際かなりのTSPが必要になるのですね。

つまり番人をやる前に、まずは塔を上りまくってTRを上げ、TSPを稼ぐ必要がある、ということになります(白目

ただ上るだけだと絶対にしんどいので、塔を上りつつ番人を練習しながら、レスタモーションを獲得しながら、という形が良いかと思いますよ。


◎そのほか番人に挑む事前準備

・マイミッション(MM)を進めておく

たぶんMMを全く進めてないとちょっとタワースキルで攻撃力やら脅威への奮闘やらを発動させちゃうと、一瞬でカンストしますw
とりあえず170くらいまでやっておけばほぼカンストすることはないので、頑張ってあげてしまいましょう。

・狩人珠スキル、おまけ術

火事場PTならばほぼ必須。
しかしながらパローネを亡き者にし、面白くない豚姫狩衛戦をうっかり入れてしまう運営の大改悪のおかげで狩人珠スキルの習得がものごっつしんどいです。(金がある人は小判で上げてしまったほうがいいレベル)

ソロでやるにしても、死んでしまったときにまた火事場スタートできる保険のような存在になりますので、ぼちぼち習得を目指して頑張ってみましょう。


◎実際の戦闘

粗方私の立ち回りで注意することをメモ書き程度に書いてみました。

ここに書いてあることを見るより、実際にやって死んで経験していって、立ち回りがわかってくると思いますので、あくまで参考程度に。

私なりの各技の対処法を書いておきますね。
※ほぼ剣士目線であり、ハンマーと大剣目線ですのでご了承ください。


◎1区番人

◎第1形態

○咆哮

最初に確定でやってくるアレ。

脚を地面に置いたときに回避でダイジョウブです。
しょっぱなあの咆哮で死んだら恥ずかしいので気を付けましょう。


○氷柱落とし

上から氷の柱がいっぱい落ちてくる攻撃。

予備動作の最初ののしかかりに気を付けて、右前脚の横に張り付いておけば安全です。

ガンナーなら氷柱が落ちてくる位置を経験で覚えてそこから攻撃しておきましょう。(左前脚の少し前あたりが安全なイメージ)


○尻尾回転薙ぎ払い

地面に尻尾を突き刺して、そのまま反時計回りにターンしてくる攻撃。

地面に尻尾を刺したところから、地面の隆起に合わせて尻尾についていけば当たりません。(尻尾を追いかけていくイメージ)

番人の図体にしっかりあたり判定があるので気を付けましょう。


○ブレス

思いっきり遠くまで滑り込んで、ルコディオラがやってくるようなブレスをしてくるアレ。

距離を離されたらすかさず番人の右前脚横に逃げ込みましょう。

番人の頭の横だとブレスに当たることがありますので真横まで逃げてしまえばいいと思います


○回り込みブレス

クシャルダオラがやってくるハンターの死界に回り込んでブレスしてくるやつ。不意にやられて地味に避けにくいw

とびかかりと着地にあたり判定がありますので注意ですが、ブレスは動いてれば意外と当たらないので、着地の時に前脚に飛び込んで巧撃を回収するくらいでいいかと思います。


○ネコパンチ、のしかかり

解説するまでもない、ような技だけど、火事場してると危険度がかなり高い凶悪技w個人的危険度No.2

予備動作なさすぎて逆に避けれんのが、不意にやってくるのしかかり。対処のしようがありません。壁際でやられたら運営が悪いと思ってあきらめましょう。
ネコパンチは、こっち振り向いてきそうなときに回避で意外と大丈夫だったりします。


○滑空

地面の白いところに入らなければおk。


○X字に氷柱立ててくる攻撃

地面の白いところに入らなければ(2回目

最後前脚を下すところであたり判定があります。


○ボディプレス→氷塊隆起

ボディプレスの着地タイミングで番人の股下に回避で潜り込めば、そのあとの隆起してくる氷塊には当たりません。

どっちもフレーム回避できるのでタイミングを覚えればほぼダイジョウブだと思います。


○尻尾たたきつけ→氷刃隆起

番人の後ろの方に陣取ってるとよくやってきます。

尻尾を少し上の方にあげ、叩き付けると同時に氷の刃が扇状に現れます。
予備動作でかいので前のほうに回り込んでしまえばおk。

ヤバい時は緊急回避推奨。


○氷のつぶて連射

空を飛んだらまず警戒しないといけません

遠くにいるほど当たりやすくなるので、とにかく近づいてしまうことが大事です。

着地のときにあたり判定あります。


○ステップ→ブレス

ハンターから見て右→左とステップして、最後にブレスしてくるアレ。

ステップは着地のタイミングだけあたり判定があるみたいです。

最後のブレスは番人の頭の方向に向かって回避が安定してます。


○氷塊隆起ジャンプ

番人が後ろに下がって、そのままとびかかって尻尾をぐるっと振り回し、そこにどでかい氷の塊ができる技。

番人が後ろに下がったら、とびかかってくる番人に向かって回避で大丈夫です。

隆起してくる氷に直撃しそうなときはダイブ推奨。


○オーラ突進

その前の咆哮は絶対避けること前提です。あれで吹っ飛ばされるとおそらくピヨってる間に死人が出ます。

PTでやってるときは誰かしら吹っ飛ばされても、番人の動向に気を付けながら粉塵で助け合うとよいと思います。

とにかく走り回って逃げてください。抜刀ダッシュも極の型ならできるので、とにかく全力で逃げましょう。
ダイブ回避はヤバい時以外はできるだけ使わないほうが良いと思います。

慣れてこれば突進に合わせてすり抜けるように回避することで巧撃を回収できるようになってきます。


◎第2形態

○毒タケノコ

第2形態以降、不意に襲ってくる凶悪な技。個人的危険度No.1
このタケノコに殺され、涙をのんだハンターは数知れず。絶防?あいつは死んだ、もういない

うまく反応できれば巧撃回収できますが、大抵その間に番人も何かしら攻撃動作入ってるので、対処が遅れることが多いです。
とりあえず真下に出てこないことを祈ろう。出てきたときは運営が(ryと思ってあきらめよう

○連続ステップ

右前脚、左前脚、ジャンプして両脚で引っかいてくる技。

たぶんジンオウガのお手のごとく、タイミングよく回避で余裕で避けれるので大丈夫でしょう。

○壊毒ブレス

再燃貫通凶悪ブレス

吸い込むような予備動作を見たら警戒。
近くにいるときは着地のタイミングと同時に頭の下に回避で潜り込んでおけば当たりません
その後の後ろ足あたりから出てくる石つぶてに当たらないようにちょっと番人から距離を置いておきましょう。

○メテオ

上空を見上げて、上に飛び上がり、上からメテオを降らせて来る即死攻撃。

予備動作がでかいので、慌てず武器をしまい、できるだけ部屋の中央から距離を置き、メテオが落ちてくるタイミングを見計らってダイブ回避です。(焦らず落ち着いてダイブですよ//)


以上第1区番人。

たぶんオーラ突進とメテオ、壊毒ブレスを安定して避けれるようになれば勝機は見えるはず!


◎2区番人


続いて第2区番人。


○右前脚突っ込み→1回転

慣れるまで回避が難しい凶悪な技。個人的危険度No.3

これを安定して避けれるかどうかが2区の討伐のカギといっても過言ではない(断言。

私の対処法。
前脚突っ込んできます→突っ込んでくる前脚に向かって前転回避します→番人の左側面に出ます→なぜか尻尾の1回転があたりませんw→見事回避

この技実は、最初の突っ込んでくる前脚にさえ当たらなければ、そのあと番人の左側面すぐ近くはあたり判定がありません。(右側面は普通に尻尾当たるので注意、突っ込んだ前脚を基準に番人に向かってそれより右側にいればダイジョウブ。右側といっても番人から離れすぎると尻尾にあたるのでそこも気を付けてくださいw)

とりあえずわかりにくいと思うので、まずは前脚突っ込んでくるところに向かって前転回避して、番人の左側面に出るように動いてみてください。


ただ、ソロでやるときはそれで問題ないですが、PTでやるときは不意に後ろ脚付近にいるときにやられると武器出してる状態だと尻尾が2回も回ってきてまず避けきれないので立ち回りが非常に重要です。


○ボディプレス→咆哮

しょっぱなの出の速いボディプレス、そのあとに回避タイミングの計りづらい咆哮、慣れるまでとてつもなく凶悪な技です。

2区番人と戦ってる時はボディプレスはいつ来てもいいように身構えておくことが大事だと思います。

咆哮の回避タイミングは、、、何回もやって自分でタイミングをつかむしかないですwたぶん慣れないうちは回避タイミングが速過ぎたり、遅れ過ぎたりで何度もやられると思いますが、これを回避できれば番人にはこれ以上に怖い技はありません。

何回も死んで覚えましょう!!

(ガードできる武器なら咆哮回避が必要なくガードで済むので途端にヌルゲーと化す。)小声

○サマーソルト氷刃

第3形態からやってくる技。サマーソルトで扇状に氷刃隆起、そのまま着地の時にあたり判定アリ。

タイミングを見計らっておちついて前転回避で十分間に合うので大丈夫です

焦ってダイブしちゃったりタイミング速過ぎたり最初はしてしまいますが、死んで覚えましょう!(2回目)

この技の一番怖いのは着地の時の氷塊のせいで下のタケノコが見えないこと。


○回転冷気放出

番人が溜め始めて、少ししたら周囲が光る技。

予備動作を見たらとにかく離れましょう

変に回転回避でフレーム回避したろうと思ったら大概ミスりますw

光った後、足を下すときにあたり判定あり。かなり広範囲なので油断しないようにしましょうw

首をプルプル揺らしながら溜めるバージョンもあるので、そっちをやってきた場合は番人がジャンプしたところを見てダイブ回避の準備を。

○振り上げブレス

真正面に一直線にブレスをしたから真上に向かって放出、その後上からヘドロがたくさん落ちてくる技。

ブレスは横に逃げ、そのあとのヘドロは気合で避けよう。慣れて来たら大体どのへんにヘドロが落ちてくるかわかるようになってきますよ!

自信なければヘドロはダイブが安全かもしれませんw

この技の一番怖いのは着地の時のヘドロやらわれた地面のせいで下のタケノコが見えないこと。ヘドロの下から不意に毒タケノコが生えてくることがままあるので、それに引っかかったら運営が悪いと心の中で発しておきましょう。

○薙ぎ払い壊毒ブレス

初見殺し筆頭候補。

しかしながら前脚を上げたほうに逃げれば大丈夫とわかってしまえば全くコワクナイ技。

前脚を上げた方と逆にいた場合は急いで武器をしまい、ダイビングの準備。間違っても前転回避でブレスをまたぐなんて考えはやめよう。死人が出ます。




◎そのほかアドバイス

・一番いいのは、プロハンの動画をみて立ち回りを参考にすることだと思います!
私は意地でも初めて倒すまでは見ないようにしてましたが、こんな記事を漁って見に来てるということはそれだけ番人に勝ちたい気持ちに飢えてるということだと思います。
先人の知恵は必ず参考になるので、意地がなければ一度見ておくのも良いかもしれません。


・番人戦のBGMにビビってはいけません!
最初のうちは特に2区第3形態の恐ろしいBGMのせいで変に緊張してしまうと思います。
むしろ、挑んで初めてのうちはこのBGMのせいで手元が狂います(小声

対処法は、何回もやって緊張しないくらいに練習しよう!それしかないですw


・フレンドさんが番人を募集してたら、どんどん参加しよう

団員やフレンドさんが番人を募集してるのを見たら、練習する良い機会です。積極的に参加しましょう。
大事なのは、数をこなすことです。




ということで、番人は強いけど、必ずだれでも練習すれば勝てるようになります。

最初は動きが早すぎてわけのわからない強モンスですが、それが見えるようになってきて、回避できるようになって来たら、だんだん番人と戦うことが楽しくなってくると思います。

また、修羅の末、2区の番人をソロで倒せたときは、きっと秘伝珠を初めて完成させた時よりも感動するはず。
その感動をいろんな人に味わってもらいたいと本当に思うのです。


ということで、誰の参考にもなりそうもない初心者向け天籠番人攻略記事でした。
ではでは~

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント